加賀温泉郷への「アクセス」は?

加賀温泉郷への「アクセス」について

加賀温泉郷は、北陸地方の石川県南部にある温泉郷のことで、主に小松市の粟津温泉(あわづおんせん)、加賀市の片山津温泉、山代温泉、山中温泉の4つの温泉を表していて「加賀四湯」とも呼ばれています。

そんな「加賀温泉郷」の旅の起点となるのが「加賀温泉駅」。
住んでいる場所から自分でレンタカーなどを借りて、ドライブを楽しみながら加賀温泉郷を目指す場合を除くと、電車や高速バス、飛行機などが一般的な移動手段となるので電車や高速バス、飛行機などで加賀温泉郷を訪れる際に目指すのが「加賀温泉駅」です。

出典:加賀温泉郷協議会

地理的に「関西の奥座敷」と呼ばれていることもあり「関西、東海方面」からは、ダイレクトに「加賀温泉駅」へアクセス可能です。
しかし、関東や東北地方からは北陸新幹線や高速バスで「金沢駅」にアクセスしてから「加賀温泉駅」へアクセスするのが一般的といえるでしょう。
現在では、北陸新幹線が開通したことで関東方面からのアクセスが良くなったので訪れやすくなったといえます。

ここでは、加賀温泉郷へのアクセス方法を紹介していきたいと思います。

各地域からのアクセス方法

出典:JR西日本

東京からのアクセス

<電車>
北陸新幹線
東京→金沢(約2時間30分)
金沢→加賀温泉駅:サンダーバード(約25分)、北陸本線(約50分)

運賃
北陸新幹線→サンダーバード:16,890円
北陸新幹線→北陸本線:14,990円

 

<バス>
高速バス(夜行バス)
東京→金沢(約9時間~9時間30分)
※出発地点で所要時間は変動

運賃
東京→金沢:3,500円前後~
※利用するバス会社、利用時期によって変動

※金沢駅からは電車利用
金沢→加賀温泉駅:サンダーバード(約25分/1,830円)、北陸本線(約50分/760円)

 

<飛行機>
羽田空港→小松空港(約1時間)
成田空港→小松空港(約1時間15分)

運賃
羽田空港→小松空港:約9,000円前後~
成田空港→小松空港:約8,000円前後~
※航空会社や利用時期によって変動

 
 

名古屋からのアクセス

<電車>
●東海道新幹線、北陸本線
名古屋→米原駅(約25分)
米原駅→加賀温泉駅:北陸本線(約1時間25分)

運賃
東海道新幹線→北陸本線:5,720円

●北陸本線(特急)
名古屋→加賀温泉駅(約2時間35分)

運賃
北陸本線:6,370円(特急)

●東海道本線、北陸本線
名古屋→加賀温泉駅(約4時間50分)

運賃
東海道本線→北陸本線:3,670円

 

<バス>
高速バス(夜行バス)
名古屋→金沢(約4時間~6時間)
※ルートによって所要時間は変動

運賃
名古屋→金沢:3,000円前後~
※利用するバス会社、利用時期によって変動
※金沢駅からは電車利用
金沢→加賀温泉駅:サンダーバード(約25分/1,830円)、北陸本線(約50分/760円)

 
 

出典:JR西日本

大阪からのアクセス

<電車>
●サンダーバード
大阪駅→加賀温泉駅(約2時間20分)
運賃
サンダーバード:6,700円

●JR京都快速線、琵琶湖線、北陸本線
大阪駅→加賀温泉駅(約5時間)
運賃
北陸本線:4,000円(特急)

 

<バス>
高速バス(夜行バス)
大阪→金沢(約4時間35分~6時間)
※ルートによって所要時間は変動

運賃
名古屋→金沢:2,500円前後~
金沢→加賀温泉駅:サンダーバード(約25分/1,830円)、北陸本線(約50分/760円)
※利用するバス会社、利用時期によって変動
※金沢駅からは電車利用

 
 

その他「飛行機」でのアクセス

東京(関東)からは、羽田空港と成田空港から飛行機でアクセスできることを紹介しましたが、他の地域から小松空港への乗り入れがあるのは「新千歳、仙台、福岡、那覇」。
那覇からのフライト時間が約2時間40分で、それ以外は約1時間~1時間30分程度のフライト時間です。

料金は「新千歳/小松」で12,000円前後~、「仙台/小松」8,000円前後~、「福岡/小松」が13,000円前後~、「那覇/小松」は10,000円前後~と、航空会社や利用する時期によって変動はありますが、「最安」のチケットが手に入れば意外と安価かも知れません。

また、「裏ワザ」というほどでもありませんが「羽田」や「成田」から乗り継いでアクセスなんて方法もありますが費用を考えるとオススメできる方法とはいえないでしょう。

 
ここまで各地からのアクセス方法を紹介してきましたが、楽で早く向かいたいなら「電車」をオススメします。
それから、「羽田、成田、新千歳、仙台、福岡、那覇」といった空港が「家から近い」場合は、「飛行機」が早く到着できるし条件さえ合えば安価で移動できるので良いかもしれません。

ただ、電車や飛行機での移動は「体も楽だし時間も早い」といったメリットは有りますが「費用を抑えた旅」を考えているなら「費用(運賃)」がデメリットと考えられます。

「費用を抑えた旅」でオススメの移動手段は、「高速バス(夜行バス)」。
東京からを例にすると飛行機の約半額(※格安の航空券利用時)、電車の3分の1以下の費用は魅力的でしょう。
移動時間が長くて窮屈かもしれませんが、深夜移動なら窮屈な空間さえ我慢すれば寝ている間に目的地に到着できますから「ある意味」効率が良い旅ができるといえます。

楽しい旅にするためにも、目的に合った移動手段を選び加賀温泉郷を満喫しましょう。