移動にイチオシな周遊バスの「CANBUS(キャンバス)」

加賀周遊バス「CANBUS(キャンバス)」について

出典:加賀周遊バス「CANBUS(キャンバス)」公式サイト

 
加賀温泉郷を観光する際の移動手段でオススメなのが「加賀周遊バスCANBUS(キャンバス)」。

加賀温泉郷を電車や高速バスで訪れる際には、北陸新幹線や高速バスで金沢駅に到着し、そこから「加賀温泉駅」を目指すというのが一般的といえるでしょう。

ただ起点となる加賀温泉駅ですが、駅名から駅周辺は「温泉街」と想像しがちですが残念ながら全く「温泉街」ではありません。
粟津温泉、山代温泉、山中温泉、片山津温泉まで結構な距離があり、最も近い山代温泉でクルマで約20分くらい離れています。

そこで、それぞれの温泉地までの移動手段としてオススメしたいのが、加賀温泉駅を起点とした周遊バスの「CANBUS(キャンバス)」です。
加賀温泉郷の見どころを巡回運行している周遊バスで「山まわり、海まわり、小松空港線」の3つのルートがあり、3つのルートのうち「山まわり」と「海まわり」のルートは一方向での運行なので、事前に観光したい場所をきめ計画を立てておくとスムーズに加賀温泉郷の旅が楽しめるでしょう。
 
 
 

「CANBUS(キャンバス)」の周遊乗車券

出典:加賀周遊バス「CANBUS(キャンバス)」公式サイト

 
加賀温泉駅の南出口を出たら見える横断歩道を渡ると「チケット(周遊乗車券)売り場」と「バス停」があります。チケットは「1日券」と「2日券」の2種類があって、どちらも1枚で乗り降り自由だから加賀温泉郷を満喫するのにピッタリといえます。
 

料金

1日券:大人1,000円
2日券:大人1,200円 連続する3日間の2日有効
子供(小学生):半額 / 幼児(小学生未満):無料

 
もしも、1日券を利用して加賀温泉郷を巡ったあとに「明日もCANBUS(キャンバス)利用したい」なんて時も、使用後の1日券を2日券に交換することが可能なんです。
持っている1日券に大人なら500円、小学生は200円を払えば「2日券」に交換できるので、「まだまだ加賀温泉郷を楽しみたい」というときに助かるでしょう。
※キャン・バス事務所、またはキャン・バス車内で交換可
 
 

周遊乗車券販売所

(株)まちづくり加賀 周遊券販売所 KAGA旅・まちネット(JR加賀温泉駅内)
山代温泉旅館組合 加盟旅館フロント 片山津温泉旅館組合 加盟旅館フロント
山中温泉旅館組合 加盟旅館フロント 那谷寺(なたでら)
加賀伝統工芸村 ゆのくにの森 日本自動車博物館
動橋(茶房 実生)※1日券のみ 月うさぎの里
山代温泉 総湯 れん永昌堂(山代温泉)
山中温泉 山中座 ※「CANBUS(キャンバス)」車内でも購入可能

 
 
 

「CANBUS(キャンバス)」には3つのルートがあります

加賀温泉郷の見どころを巡回運行している周遊バスで「CANBUS(キャンバス)」には、「山まわり、海まわり、小松空港線」の3つのルートがあります。

出典:加賀周遊バス「CANBUS(キャンバス)」公式サイト

 
●海まわり線(片山津温泉・大聖寺・吉崎・橋立 方面)

●山まわり線(山代温泉・山中温泉・那谷寺 方面)

●小松空港線(片山津温泉経由)
 
 
山代温泉、山中温泉、片山津温泉や周辺の観光スポットをカバーしている優れた移動手段といえるでしょう。運行している時間は8:30~17:30くらい(※時刻表でチェックしてください)までなので、早朝から遅くまで散策したいと思っている人には物足りないかもしれません。
 
 

「山まわり(山代温泉、山中温泉、那谷寺方面)」

停留所名 停留所No
JR加賀温泉駅 ・アビオシティ加賀 1
御菓子城加賀藩 12
九谷美陶園 2
山代温泉桔梗が丘 3
山中うるし座 ・山中漆器伝統産業会館 山中1
山中温泉 菊の湯 ・山中座 山中2
万松園通 ・魯山人寓居跡いろは草庵 4
山代温泉 総湯 ・古総湯 5
山代温泉東口 6a
那谷寺(なたでら) 7
加賀伝統工芸村 ゆのくにの森 8
日本自動車博物館 9
加賀ゆめのゆ/箱宮 11

 
 

「海まわり(大聖寺、吉崎、橋立、片山津温泉方面)」

停留所名 停留所No
JR加賀温泉駅 ・アビオシティ加賀 1
加賀市医療センター 1
九谷満月(陶芸体験・人間国宝展) 13a
JR大聖寺駅口 ・加賀市役所 13
山の下寺院群/石川県九谷焼美術館 14
船と久弥と長流亭 15
月うさぎの里 16
吉崎御坊蓮如上人記念館 ・越前加賀県境の館 16a
竹の浦館 16b
鴨池観察館 17
加賀フルーツランド 18
北前船主屋敷 蔵六園(ぞうろくえん) 20
北前船の里資料館 21
橋立漁港 22
尼御前岬(あまごぜんみさき) 23
中谷宇吉郎雪の科学館 24
片山津温泉西口 25
片山津温泉(湯の元公園) 26
片山津温泉 総湯 26a
片山津温泉一区 27
大日盛 橋本酒造(酒造資料館) 28
動橋(茶房 実生) 29

 
 

「小松空港線(片山津温泉経由)」

停留所名 停留所No
JR加賀温泉駅 ・アビオシティ加賀 1
片山津温泉一区 12
片山津温泉 総湯 2
片山津温泉(湯の元公園) 3
片山津温泉西口 山中1
中谷宇吉郎雪の科学館 山中2
小松空港 着 4
小松空港 発 5
中谷宇吉郎雪の科学館< 6
片山津温泉西口 6a
片山津温泉(湯の元公園) 7
片山津温泉 総湯 8
片山津温泉 一区 9
JR加賀温泉駅 ・アビオシティ加賀 11

 
 

「CANBUS(キャンバス)」は、1時間に一本くらいの割合で巡ってくるので、加賀温泉郷の散策には問題無いといえるでしょう。
ただし、それぞれの観光スポットに滞在する時間が長くなりすぎてしまうと、「CANBUS(キャンバス)」の時間を合わせるのに待ち時間が多くなり、「予定していたところが巡れなかった」なんてこともあると思うので、事前の計画が重要になってきます。

効率を重視して、できる限り多くの観光スポットを巡りたいというなら「CANBUS(キャンバス)」の攻略がポイントになるでしょう。

くれぐれも、観光スポットをたくさん巡りたいと欲張って「慌ただしい旅だった」なんて後悔しないように、焦らずゆったりと行動できるような旅の計画をたて、加賀温泉郷を満喫しましょう。