「温モビ(ぬくもび)」で巡るいつもと違う旅

いつもと違う旅にピッタリな「温モビ(ぬくもび)」

出典:KAGA旅・まちネット

 
加賀温泉郷の旅を、「少し変わった旅」「いつもと違う旅」にしたいと思ったときにピッタリな乗り物が超小型電気自動車の「温モビ(ぬくもび)」。
この「温モビ(ぬくもび)」は、2人乗りの電気自動車でオモチャみたいな乗り物で、人にも環境にも優しいエコな乗り物です。
「温モビ(ぬくもび)」は、充電が「フルチャージ」の状態なら100㎞(※走行状況などによって変動します)も走行することが可能なので、加賀温泉郷の散策には十分といえるのではないでしょう。

ここでは、加賀温泉郷を人にも環境にも優しい「温モビ(ぬくもび)」で巡る観光ルートを紹介していきたいと思います。
 
 
 

「温モビ(ぬくもび)」で巡る3つの観光ルート

山代温泉エリアのルート

山代温泉エリアで「温モビ(ぬくもび)」がレンタルできる「すだに酒店」から半径500mくらいで、オススメのスポットを巡るルート。

「すだに酒店」

「九谷焼窯跡展示館(くたにやきかまあとてんじかん)」

「魯山人寓居跡 いろは草庵(ろさんじんぐうきょあと いろはそうあん)」

「はづちを楽堂(はづちをがくどう)」

「すだに酒店」

 

すだに酒店

出典:「山代温泉」公式サイト

※山代エリアで「温モビ(ぬくもび)」がレンタルできる場所

住所
〒922-0254 石川県加賀市山代温泉温泉通43

電話番号
0761-76-1312

貸出時間
9:00~18:00/受付は17:00まで

定休日
不定休
 
 

九谷焼窯跡展示館(くたにやきかまあとてんじかん)

出典:九谷焼窯跡展示館

 
江戸時代に造られた九谷窯跡や、現存している最古の九谷窯を見学することができるスポットです。九谷焼の蔵元が、代々住居兼工房として使っていた古民家で「九谷絵付け体験」や「ロクロ体験」をすることができるオススメのスポット。

住所
石川県加賀市山代温泉19-101-9

電話番号
0761-77-0020

開館時間
9:00~17:00(ただし入館は16:30まで)

休館日
火曜(ただし祝日・振替休日の場合は開館)、12/31・1/1
 
 

魯山人寓居跡 いろは草庵(ろさんじんぐうきょあと いろはそうあん)

出典:魯山人寓居跡 いろは草庵

 
北大路魯山人が、大正4年の秋から約半年間生活した場所で、魯山人が刻字看板を彫った仕事部屋の他に、書や絵を描いていた書斎、食事をしていた囲炉裏の間、茶室・展示室(土蔵)などを公開しています。
魯山人が生活していた当時の雰囲気を感じられるスポット。

住所
石川県加賀市山代温泉18-5

電話番号
0761-77-7111

開館時間
9:00~17:00(ただし入館は16:30まで)

休館日
水曜(ただし祝日・振替休日の場合は開館)、12/31・1/1
 
 

はづちを楽堂(はづちをがくどう)

出典:はづちを楽堂

 
「湯の曲輪(ゆのがわ)」にある、地元食材を使ったスイーツなどが味わえる「はづちを茶店」や、地元工芸作家の作品などが購入出来る「丹塗り屋」、作品展や音楽会、陶芸教室等も開催するイベントスペースもあるスポット。

住所
石川県加賀市山代温泉18-59番地1

電話番号
0761-77-8270

開館時間
9:30~18:00(イベントの際は19:00~22:00営業あり)

休館日
毎週水曜日(祝日の場合は営業)

 
 
 

山中温泉エリアのルート

山中温泉エリアで「温モビ(ぬくもび)」がレンタルできる「山中座」を起点に、オススメのスポットを巡るルート。

「山中座」

「栢野大杉(かやのおおすぎ)」

「無限庵(むげんあん)」

「芭蕉堂(ばしょうどう)」

「山中座」

 

山中座

出典:「山中座」公式サイト

※山代エリアで「温モビ(ぬくもび)」がレンタルできる場所

〒922-0123 石川県加賀市山中温泉薬師町ム?1
TEL0761-78-5523
貸出時間
9:00~17:30/受付は16:30まで
定休日:無休
 
 

栢野大杉(かやのおおすぎ)

出典:「山中温泉」公式サイト

 
菅原神社の境内にある樹齢2300年と言い伝えられている御神木で、幹の周囲は11m、高さ54mの堂々たる巨木。昭和22年10月27日に昭和天皇が北陸を巡行した際、「天覧の栄」を賜ったことから「天覧の大杉」とも呼ばれていて国の天然記念物にも指定されているので必見といえるでしょう。

住所
〒922-0138 石川県加賀市山中温泉栢野町ト10番1(菅原神社)

電話番号
0761-72-1111
 
 

無限庵(むげんあん)

出典:「KAGA旅・まちネット」

 
石川県指定文化財の加賀藩最高の武家書院で、明治末期の木造技術の枠を傾けた最高級の建築工事と伝えられています。古九谷や加賀蒔絵、千利休ゆかりの茶道具など、数々の古美術品を展示しているオススメのスポット。

住所
〒922-0127 石川県加賀市山中温泉下谷町ロ-6

電話番号
0761-78-0160

営業時間/期間
8:30~18:00分(入館は17:00まで)

定休日
年末年始(12月30日~1月3日)
 
 

芭蕉堂(ばしょうどう)

出典:「山中温泉」公式サイト

 
鶴仙渓遊歩道の黒谷橋のたもとにあり、「奥の細道」で北国行脚の折りに立ち寄り「山中や菊は手折らじ湯のにほい」と詠んで名湯ぶりを讃えた松尾芭蕉を祀る御堂。堂内には芭蕉の小像が安置されていて周辺の風景の美しさともに一見の価値あるスポットといえるでしょう。

住所
〒922-0114 石川県加賀市山中温泉東町

電話番号
0761-78-0330

営業時間/期間
9:00~17:00(入館は16:30まで)

 
 

片山津温泉エリアのルート

片山津温泉エリアで「温モビ(ぬくもび)」がレンタルできる「片山津温泉インフォメーションセンター
」を起点に、オススメのスポットを巡るルート。

「片山津温泉インフォメーションセンター」

「北前船主屋敷 蔵六園(きたまえせんしゅやしき ぞうろくえん)」

「尼御前岬(あまごぜんみさき)」

「茶房富久紗 (さぼうふくさ)」

「片山津温泉インフォメーションセンター」

 

片山津温泉インフォメーションセンター

出典:「KAGA旅・まちネット」

※片山津エリアで「温モビ(ぬくもび)」がレンタルできる場所

〒922-0412 石川県加賀市片山津温泉乙38-3
TEL0761-74-1133
貸出時間
9:00~18:00/受付は17:00まで
定休日: 無休
 
 

北前船主屋敷 蔵六園(きたまえせんしゅやしき ぞうろくえん)

出典:北前船主屋敷「蔵六園」公式サイト

 
国指定登録有形文化財で、江戸時代より日本海を雄飛した旧北前船だった谷家の屋敷。藩主専用の間や母屋、土蔵、庭園に至るまで当時の姿がほぼ完全な形で残っています。
総漆塗りの座敷に座って、北前船(きたまえぶね)の盛んだった時代を感じられるスポットといえるでしょう。

住所
〒922-0554 石川県加賀市橋立町ラ47

電話番号
0761-75-2003

営業時間/期間
9:00~17:00(営業時間変更する場合あるので要問合せ)

定休日
年中無休(臨時休館あり)
 
 

尼御前岬(あまごぜんみさき)

源義経が、兄頼朝に追われ北陸路を奥州に落ちのびる際に同行していた尼御前が旅の足手まといになるのを憂えて身を投げたという伝説が残る岬。美しい松林と海岸草地に遊歩道が完備されていて雄大な景観を楽しめるスポットといえるでしょう。

住所
〒922-0551 石川県加賀市美岬町

電話番号
0761-72-7892(加賀市市民生活部環境安全課)
 
 

茶房富久紗 (さぼうふくさ)

出典:「KAGA旅・まちネット」

 
芸者達の踊りや三味線のお稽古場として使われてきたのが「検番(けんばん)」で、ベンガラ格子の風情溢れるこの館の中にあります。囲炉裏のある店内では、甘味のほかエスプレッソで一休みもオススメですが、柴山潟の湖底土と源泉を利用した「絞り染め」や、片山津温泉の源泉を「にがり」代わりに使って「源泉豆腐」作りが体験できるスポットなので楽しめるのではないでしょうか。

住所
〒922-0412 石川県加賀市片山津温泉モ2-2

電話番号
0761-75-4440

営業時間/期間
9:00~17:00

定休日
木曜日(祝日の場合は営業)

 
以上3つのオススメ観光ルートを紹介しました。
それぞれのルートには紹介したスポットの他にも素敵なスポットがたくさんあります。当然「インスタ映え」するようなスポットも数多くありますから、「温モビ(ぬくもび)」を上手に利用して加賀温泉郷を満喫して下さい。